社畜最高フゥゥぅ〜❣️エロ座衛門 っっ ‼︎ のっっ⁉︎ world is mine ‼︎

吹き溜まる胸の内を明かし。そうさ世界は俺のもの

いい歳こいてONE✴︎PEACE大好きな奴が、うざい

悪と戦う海賊団。


主人公は腹筋が割れてて麦わら帽子被ってて

海賊王に、俺はなる!  

 が口癖


水着みたいなの着た女性キャラがいる。


犬みたいな動物みたいな奴がいる。


眉毛の内側がくるくるしてる奴がいる。


ドンキの店内入口にでかいワンピースのタオルが、飾ってある。


それくらいですかね。


俺が知ってる限りのワンピースの知識。




まったく興味ないんだよ。


でもまあ当然ちゃ当然かと思ってる。


だって俺もう30半ばだもん。

少年漫画とか読む歳じゃないし



でもさー

たまにいるよね、

やたらワンピース、ワンピース言ってるワンピース大好きなやつ。


ワンピースみたいな仲間をつくるのが夢、


とか


ワンピースのこと知ってる前提で

◯◯王に、俺はなる!っとか言う奴


いいんだけどさ。


別にワンピースが嫌いな訳じゃないけど。



なんか、もし

この人(内面が)かっこいいなー、俺も見習わなきゃなー、

みたいにちょっと憧れてる人が、


ONE PEACE好き!とか言っちゃったら


かなりガッカリしちゃうわ




なんで、そういう奴らって

全ての人間がワンピース好きだと思ってるんだろうね。


ワンピース興味ない人だってたくさんいるから。


ていうかごめん


ワンピース好きって言ってる奴って


めちゃめちゃ頭悪そうに見えるの気のせいですか。


いや、小学生が

ワンピースみたいな仲間達と

冒険したい!


とか言ってるのはぜんぜんいいと思うけど


いい歳したおっさんが

そんなこと言ってたら…


俺の中で


23歳超えて

ワンピース好きって言ってる奴は


馬鹿。


そういう印象しかない。


すまん。

ワンピース好きな人たちには申し訳ない


でも仕方ない

本音だから


いや。

なんつーか


好きなのぜんぜんいいんだけど


なんか、

なんか知らないけど


わざわざワンピース好きをアピールする奴いるよね。


おっさんが。


それって


俺は馬鹿ですよ、いい歳して小学生レベルですよ、


って言ってるようにしか思えないんだよね。


何アピール?


なに?


なになに?


無邪気な少年の心を忘れてない俺アピール⁇


おっさんが?



それとも何?


普段は意識高いけど、

たまにはこういうワンピース好きなお茶目な部分もありますよアピール?


違う?


まだまだ俺は若者文化に理解があるぜ!

若い感性やセンスも持ち合わせてますよアピール?


それとも、


ワンピースの主人公達みたいに

俺にも沢山仲間がいるぜ、

俺も仲間を大切にするぜ、俺は熱い男だぜ!アピール⁇



ちがうの⁇


どれも的はずれ?


じゃあ、なんで

いい歳したおっさん(おばさん)が


ワンピース好きアピールすんの?


まじわかんねー


そんなに海賊好きなら

海上自衛隊にでも入団すればいいのに






ユーチューバーとかキモいとか思ってたけど、テレビに出てるお笑い芸人とかいうクソつまらん奴らよりマシと思った

ユーチューバーっているじゃない


ひかきん とか?


お風呂に牛乳張って、入ってみた!


とか、


台風の中で裸で踊ってみた!


とかいう面白動画で金稼ぐ奴ら



とくに理由はないんだけど、

なんとなく死ねばいいって思ってたんだ


たぶん、あの変顔が気に食わなかったのかな



でも、奴ら人気あるじゃない


すごい金稼いでるらしいじゃない


思ったんだよね



そういえば、俺


テレビに出てるお笑い芸人とかいう奴ら


ユーチューバーの百倍くらい嫌いなんだわ



お笑い芸人とか呼ばれてる奴ら、クソつまらん上に

調子こいてるよね



筆頭に思い浮かぶのは、ハライチのハゲてない方とかかな。

とくに。


ハゲてるほうは、まあいいや。


で、前からお笑い芸人とかクソつまらんって思ってたんだけど


ユーチューバーが人気ってことは


やっぱり世間のみなさんも、お笑い芸人とかクソつまらんって思ってるってことなのかな


あいつら、一般人見下してんじゃん。

まじバカなんじゃねーの


そもそもテレビとか作ってる奴ら、みんな嫌いだわ


テレビのバラエティ番組なんか

もう何年も前から見てねーよ、まじで



ユーチューブのほうがぜんぜん面白いもん。


あいつらいつまで勘違いしてんだろーな

お前らテレビに関わる奴らが時代からをリードしてた時代はとっくに終わってんぞ。

気付けよ


つまり、俺はテレビに出てるタレントやらお笑い芸人やら

テレビ作ってるプロデューサーやらその他もろもろ大嫌いで。


その対抗勢力として

ユーチューバーとかが出てきやがったのかな、とか思うと。


ひかきんの変顔がむかつくんだけど、

まあ、この際許してやろうかと。


テレビに出てるお笑い芸人のほうが百倍ムカつくから。


だから、

ツイッターでもブログでも

フォロワーたくさんいて人気ある人たくさんいるけど


そういうのが面白いって思ってる人がいっぱいいるんだよね


みんな、テレビとか飽きてきてるんだよな


テレビ作ってる業界の人たちって

なんか、秋元康みたいなエロそうなおっさんがたくさんいて、

毎晩乱行パーティとかしてるイメージしかないわ。


まあ、たらたらとわけわからないこと書いたけど


俺は、ハライチの坊主じゃないほうが大嫌いだってこと。


あいつクソキモいわ


なんか久しぶりにブログ書いたから、キレがなく内容も薄い記事になって


あっ


内容も薄い  エントリ  ーに


なってしまい申し訳ございません。


なぜ久しぶりの更新になってしまったかというと


ブログとかSNSで、なんか


良いこと必死で言おうとしてるみたいな、滑稽な方達。

有名になりたくて仕方ないけど、とくに才能もないから 周りに同調して仲良しこよしになってフォロワーをコツコツ頑張って増やして、

なんだか自分が神になったような勘違いをされている一般人達を見て、悲しくなってしまったからです。






アイドルオタクっていう、おっさんら

アイドルオタクっていうおっさんら。


SNSとかでもずいぶん認知されてきたような気がする。


べつに嫌いではない。

とくに俺に迷惑かかってないし。

好きなものに熱中するのはわるいことじゃない。


だが不思議な存在ではある。

謎が多い。


俺の脳内で飛び交う、その謎の数々を箇条書きで記していく



えっ⁇

そのアイドル、可愛いの⁇

どう見ても中の中。もしくは中の下。みたいな顔面をしたアイドルを推してるおっさん。

なぜその子がいいんだ?スタイルが良いわけでもなく。

いつもの通勤途中のファミマでレジ打ってる子の方が明らかに可愛い。


そもそも、目的はなんなんだろうか

若い女の子と触れ合いたいならば、キャバクラに行ったほうが目的は確実に果たせそうだ。


おっさんらからしたら、娘の成長を見守るような気持ちなのか?

 

彼女にしたいのか?無理だと思うぞ


俺には理解できないことが多いが。





だが、



そんな俺も

じつは、アイドルオタクの気持ちが少しだけ理解できる。


いや、最近できるようになった。


最近、インターネットでぶったまげるくらい可愛い子を見つけてしまったからだ。


この子と握手したり、少しでもお話できるから

チェキ500円なんて安いってもんよ



東堂とも ちゃん。

f:id:tetsuzaemon01:20180920235404j:plain


アイドルっていうか、コスプレイヤー?なのか?


ちょっと待て可愛い過ぎるぞ!


今はまだそんな知られてないのか?

絶対人気出るよね。


もう俺の中で、えなこは完全に超えてる。



造形が完璧すぎるぞ、

本当に存在してるのか?CGじゃないのか?


f:id:tetsuzaemon01:20180920235805j:plain

電車で真ん前に座ってたなら、

ガン見するね。真正面から東堂ともちゃんの眼を見据える。


なんなら、降りちゃったら追いかける。



つらい。

非常につらい。


東堂ともちゃんが

いつか結婚する日が来る、


誰と?


かんがえるだけでつらい。


でも幸せを祈ってる。

誰よりも幸せになってほしい。




いい。


知ってる。

本当は彼氏がいること。


だって、こんなに可愛いんだもん。

彼氏がいないほうがおかしい。


だがそれは隠し通してほしい。

フライデーされないでほしい。

f:id:tetsuzaemon01:20180921000428j:plain


そうだな。


もし。


ツーショットチェキ撮れるなら。

お話できるってことだよな。


東堂ともちゃんと。



それって…



現実にあり得る話⁈


まじで⁈




いくら?


いくら出せばいい?


金の問題じゃないから。

プライスレスだから、これは。


何回でもチェキっちゃうつもりだから。


それで東堂ともちゃんが喜ぶなら。

いくらでもチェキ撮る。


あっ



それって。


握手とかしていいのかな?


勝手に触ってみたら怒られちゃうかな。


後ろにいる怖い人に。


どうすれば、東堂ともちゃんに触ることができる?



わかった。いいアイディアがある





握手会も参戦するよ。


知ってるよ。CDに握手会の参加券が付いてるんだろ。


馬鹿か。そんなん買うに決まってんじゃん。握手できるんだから。

買うに決まってんじゃん。

ふざけんな!


f:id:tetsuzaemon01:20180921001432j:plain

一枚や二枚じゃあ、足りない。俺の気持ちは、そんなもんじゃねー。


最低4枚は買うよ。



だめだだめだ!


見てるだけで切ない。


でも見てるだけで幸せ。


こんな気持ちってありますか⁈


俺は初めて。



こんな気持ちって



ありますか






敬老の日に

俺は。母型、父型ともに

祖父母との距離感が最後まで掴めなかった。


小学生くらいの頃は

無邪気に甘えたりできたが


中学生くらいになると

どう接したらいいのかわからなくなった


なんか、気を遣ってしまう

優しくしてくれてるのは伝わるが


なぜか、どう接したらいいのかわからない




俺は祖父母からみて

可愛くない孫だったろう


今では祖父母は皆、亡くなっている


正直なところ、

亡くなった際もそんなに悲しくはなかった


そんな非情な自分が嫌に思った。


ただ、母型の祖母が亡くなったとき俺は20代前半くらいだったか


泣いた。

なぜか涙が溢れた


なぜだかわからないが

たくさん泣いた


あとでわかった


それは悲しいからじゃない


悔やんでいたからだと。

祖母に冷たく当たっていた自分を


悔やんでいたからだ

そんな自分を恥じていたのかもしれない


俺は、つくづく嫌な人間だと思う




妻は違う。

妻の祖母が亡くなったとき

妻は遠く離れた祖母の側にいてあげていた。



おばあちゃん

今日はずっと寝てたよ…



ってラインが妻からきた。


電話で話すと

妻のおばあちゃんのことが心配で心配でたまらない、

そんな気持ちがすごく伝わってきた。


妻は俺より年下だが、

それほど年が離れているわけではない


どうしてこんなに純粋に

おばあちゃんのことを想えるのだろう


俺にはわからなかった。

祖母を想う、俺には無い純粋さ。

それが羨ましいか?と言われると

正直とくに羨ましいとも思わない。


だが

には無いものを妻は持っているんだな、と感じた。




妻が普通で、

俺が普通ではないんだろう。



俺はたぶん、自分の孫に会うことはない。

というのも。この先子供を持たないつもりだから。


その選択が正しいか正しくないかは

正直わからない。



正しくないのかもしれない。

だが俺と妻は、その選択を変えることはないだろう。



俺の祖父母は

俺のことを

どう思っていたのだろうか


こんな可愛くない孫でも

もしかしたら可愛かったのだろうか?



俺がその立場になったら

少しは理解できるのかもしれないが


おそらく

そうなることはないだろう
















何故?俺のこの、超おもしろブログが一日300程度しかPVないのか?考えてみないか

何度も馬鹿馬鹿しくなり、もうやめたろうか!

思ったが

なんだかんだ続いてるこの

エロ座衛門ブログ。


久しぶりに過去の記事とか読んだら

我ながら超面白かったね。


大事なのは見極めだと思うんだ


これはDISるべきか

DISらぬべきか


その見極めが正しくされてる


とんちが効いてるし


ユーモアのセンスはバツグン


エッジも効いてるし


それでいて軽妙洒脱


あんまり自分で言いたくないけど

俺って文才あるみたい。


ファンの皆さんのコメントとか、なかなか見れてないんだけど


応援のコメントやら、

一見、あれ?DISってんのかな?

って見せかけつつも、じつは応援してくれてるみたいな温かいコメントがついてて、


まあ要は好意的なコメントしかなかった。


返信とか、やり方がよくわからなくてできたりできなかったりするし

もしかしたら全部見切れてないかもだけど


この場を借りてサンキュー申し上げつかまつる


やはり

年代性別性癖問わず、全般的に皆んな、俺のブログが好きみたいだね。


でも不思議なんだ。


閲覧数が増えないんよね


一日300PV程度。


おかしいだろ。

桁が1000ちがうだろ?


あれか?

俺が、意識高い奴らが嫌いだからか?

意識高い系の地方移住大好きな

ブロガーとかフリーランスとかDISりまくってるからか?


私みたいに努力ができて有能じゃなきゃフリーランスはとても勤まらないの!

努力もできない馬鹿どもは社畜でもやってたほうがいいわよ!


みたいなこと書いてるクソブロガーとかフリーランスとかを、

いつもDISってるから

その報いか?




最近の高知とか地方に移住して皆でワイワイ馴れ合いながら生温く人生を謳歌していらっしゃるブロガー、フリーランスの皆さんの界隈から

謎の圧力がかかってたりすんのか?


やめてんか


そういうの


まあ、たしかにそういう意識高いフリーランスとかブロガー界隈からは

人気ないだろうな。

水と油だわ


 でも、そういう

サラリーマン馬鹿にしてる

勘違いブロガーやフリーランスに対して、ムカついてるやつは

俺以外にもたくさんいそうだけどなー?


そういう層は、わざわざネットでブログなんか読まないんだろうな。

そんな暇じゃねーんだよ。たぶん。



それかあれか?

なんか検索エンジンになかなか出てこないような


NGキーワードとかたくさん入っちゃってんのか?


そこらへん、まともに学んだことないからな。

本買ったけど、面倒で読んでないし。


まあ、死んでも 

ブロガー必見!稼げるようになる!

月収100万のブロガーが教えるよ! オンラインサロン 

みたいなの、入らないけどな。


だって、なんか。うざそうだもん。そういうことやってる奴。



まあいいや。

ぼちぼちいく


最近は、ちょっとお気付きかもしれんが

DISりみたいなの飽きてきて


適当に思ったり、思い出したりしたこと書こうかとかも思う。


なんか読んでる人の

心の琴線に少しでも触れるような。


それが正しいか正しくないか、

どうでもよくて。


なんか、胸がざわつくような

かきむしられるような


そんなかんじで


あと書いてて思ったからついでに書く


ネット弁慶とかいう言葉がある


ネットだと匿名だからイキってるが

リアルだとおとなしい、みたいな奴


って意味だと理解してる。


べつにいいんじゃねーの?

ネットってそういうもんだろ


だから2ちゃんねるとかヤフコメとか、いろんな人の本音がわかって面白いわけだし


批判されるのが嫌なら、ネットで発信なんかするなよ。


おまえも匿名で好きなこと書いたったらいいやん。


気持ち悪い界隈から出ないで、内輪だけで仲良くやってたらべつにいいじゃん。










小さな地方都市の店でバイトをしてたときの話 3

学生の頃

田舎の商店街にある個人経営の喫茶店でバイトをしていた


俺はその時22歳くらいだったろうか


セックスした女性の数は2人だった


だが、そのときの俺は、今の腐った俺とは違った。


ピュアだった


付き合った2人の女性に対して

純粋な気持ちだけで付き合っていた


つまり、付き合うことを決めるときに

セックスすることは考えていなかった。性格の相性だけで付き合うことができた。



今はそうではない。

相手に対して、性的魅力を感じないと。

セックスしたいとか、性的な欲望を満たすことができる容姿を持つ女性でないと、付き合うことができなくなってしまった。


それは言葉にするとゲスなかんじだが

真理だろう。



当時の二十歳そこそこのピュア過ぎた俺は

相手が好きだったにも関わらず

性的な魅力を強く感じることができないために

相手と別れ、つらい思いをして

はじめてそのことに気が付いた




ここまでがイントロダクションで

本編が以下となる




バイト先の喫茶店では

なんか知らないが奥の方に

いつも予約席って札が置いてあるテーブルがあった


そのテーブルがいつ使われるかというと

たまにくる、なんか妙な雰囲気のスーツを着た男たちが来たときだ


もちろん予約なんかしていない。


よくわからないし興味も無かったが

その男たちは、その商店街の顔役ヤクザかなんかなのかもしれないな、と俺は思っていた


ある日の午後。

その予約席にその男たちの1人が座っていた。

アリとキリギリスってお笑い芸人の、古畑任三郎に出ていたほうに顔が似ている。


そいつをもっと悪い顔にして

スーツも悪趣味にしたようなかんじだ


その日はやたら忙しかった

ウェイターは俺だけ。

てんやわんやだ


ふっと

そいつと目が合った。


なぜか俺の方を見ていた。


時間が一瞬止まるような感覚がした。

見透かすような目でニヤリと笑った。


俺は

見透かされた、

と思い愕然とした。


なんでこいつは知っているんだ⁈






俺はその日の前日、

ピンサロという成人男性向けのサービス店に行ってきていた。


はじめての体験だった。ピンサロが。




俺にとってピンサロは衝撃的な体験だった。



なぜなら

はじめてのピンサロで出てきた女の子が

俺の超好みの子だったからだ


スレンダーで華奢で背が高めなかんじ。顔はきれいめ



その女の子の体を好き勝手できる。ある程度。


たかだか7000円くらいで。


俺は前述したように

その頃はピュアだった。


こんな、自分のタイプの女の子が

たかだか7000円くらいで

相手してもらえることが

衝撃的だった。ショッキングだった



なんだよ。

こんな簡単にできるのか。


本当にタイプの女性という存在は

そのときの俺にとって

ある意味神格化された存在だった。


俺なんかじゃとても今は…

だがいつか必ず…

努力していつか必ず…


そんな女神のような女性が

たかだか7000円くらいで好きにできる。ある程度。


そんなことだったら、

ピンサロいきまくればいいじゃん!


彼女なんかがんばって作らなくても、ピンサロいきまくればいいじゃん!


くだらねー!人生くだらねー!

努力とかくだらねー!


とか思った。


そんで、次の日のバイトのときも

その謎のやさぐれ感を引きずっていた。


だから

あいつに。アリとキリギリスの古畑任三郎に出てきたほうに似ている奴に


見透かされた気持ちになったのだろう。


だがあいつは

確かに俺を

見透かしていた




小さな地方都市の店でバイトしていた頃の話 2

俺が学生の頃


確か、昼過ぎくらいだった


近場のおっさんおばさんが集うような

商店街の中にある喫茶店バーみたいな店で俺はコーヒー運んだりしていた


なかなかに混んできていた

テーブル席はすべて埋まり、

入ってきた客はカウンターにしか座れなくなっていた


俺は奥のテーブル席にコーヒーか何かを持っていった


入口の自動ドアが開いて、客が入ってきた。

その客は中年くらいのポロシャツみたいなラフな格好の男性。

カウンターの端、一番入口に近い場所に座った


いらっしゃいませー


と言いながら俺はなにか違和感をかんじていた。

しかし

奥のテーブル席からはその違和感が何かは

把握できてなかった


水とおしぼりを客に持っていこうと

その客を見た


その客は




お面を被っていた

なんか赤っぽいお面だ



俺は特に驚くことはなかった


その店はマスターの友人みたいな人がよく出入りしていた


マスターの友人か知り合いがふざけてお面を被っているのだろう


としか思わなかった



水とおしぼりを持っていこうとだんだん近づくにつれ


それがお面ではないことがわかった


その男性の顔面は

崩壊していた



ユニークフェイスとかショッキングフェイスという症状なのだろう


何かの病気か、病気の後遺症なのだろう


顔面だけが、輪郭が変わるくらい爛れて赤くなり

だが眼や鼻や口は機能しているようだった。



こうして思い出すとたいへん申し訳ないと思うのだが

俺は本能で恐怖を感じたのを覚えている


理性ではわかっている


その男性はまったくもって紳士な客だ、

言葉が通じないわけでもなく、意思の疎通ができないわけではない

静かに新聞を読んでいた


他の客は、その客が少し普通ではない容姿をしていたことに、誰も気がついていなかっただろう

新聞で顔を隠すように読んでいた


俺はその空間にいながら

その客の部分だけが別の世界みたいに感じていた



俺はもしかしたら顔が強張っていたかもしれないが


その客からごく普通にオーダーを取り、マスターに伝えた


そしてその料理をその客に運んだ


それだけのことだ。


食事を終えて客は帰った



なぜあんなに恐怖を感じてしまったのか

俺にはわからなかった


あるいは、今なら

同じ状況になっても

少しも恐怖を感じないのかもしれない


多分そのときは

ユニークフェイスという言葉や

そのような容姿になってしまう種類の病気があることを

知らなかったのだろう


だから怖かったのだろう



それはなんの罰なのか

俺が同じような病気になり

同じような容姿になったら


俺は絶望しないだろうか


もしそうなったら

妻は、そうなった俺を好きでいてくれるだろうか


そうなった俺は

妻に会えるだろうか


俺が拒んでしまうのではないか

傷つくのを恐れて


また、もし妻がそうなってしまったら


考えるだけでも


つらい


妻はその苦しみに耐えられるだろうか


俺はそうなった妻を見捨てないでいられるだろうか


なんて残酷な人間だろうかと思う


その客に寄り添うことができない

その苦しみを思うと

想像を絶していて


きっともし知り合いだとしても

俺はそのことに触れることはできないだろう


なんて残酷な人間だろうかと思う


いろいろなことを考えた



俺はこんなことを書くようなクズな人間だが


どんなことがあっても

嫁だけは守ってやりたいと思う